私が婚活を決意したときに、まずしたことがあります。

 

それは、結婚相談所からの資料請求です。

 

たぶん、あなたは「資料請求をできれば避けたい。」と思っているかもしれません。私もそうでした。でも、アラサー・アラフォーになって「本気で結婚相手を探したい。」「探さなければいけない。」というときに、結婚相談所というものと改めて向き合ったとき、まったく違った考えになっていたんです。

 

たとえば、慎重に選ばなければいけない資格や保険、引越しなど、人生を大きく左右するものを得たいと思ったとき、何から始めますか?資料請求からスタートしますよね?あれと同じです。

 

1.婚活は「情報戦」

本気で結婚相手を見つけたいとき、まず何をするでしょうか?

 

  • ネットで自分の性格に合った婚活サービスしている結婚相談所がないか探す
  • 口コミや体験談をチェックして、公式ホームページにアクセスする
  • 結婚相談所の説明会に申し込みをする

 

多くの人は、このように事前に【情報を求める】【行動に移す】かのパターンに分かれます。

 

ただ【情報を求める】にしても【行動に移す】にしても、たいてい本気の婚活を決意したときは、焦りが先行していることがほとんど。そのため、極端な行動を取ることが多いんです。

 

たとえば、婚活を決意したら何も調べず、近くの結婚相談所に飛び込む。
本当にこれでいいのでしょうか?

 

そもそも結婚相談所は星の数ほど存在します。「百聞は一見に如かず」ということで、自分の目で確かめようという信念はいいけれど、その相談所がどのようなところかわからない状況で、相手の陣地に飛びんでしまったらどうなるでしょうか?

 

間違いなく、あなたは冷静な判断ができません。

 

私も経験したのですが、

① 結婚相談所のアドバイザーの話を聞くとすぐに活動したくなってしまう

② 自分に合った婚活サービスか判断できない

③ 何を質問していいのかわからない

このようなことに陥ってしまうんです。

 

そして、勢いで行動すると「こんなはずじゃなかった…。」「イメージと違う!」という不満や後悔が出てくるんですよね。これとよく似たパターンがあります。

 

そう、資格や保険などですね。

 

保険に入りたいからといって、勢いで会社に出向き、契約したらどうでしょうか?
あとから「え?この件は保険の対象外なの?」という事態に遭遇しやすいです。

 

このようなことにならないために、婚活での資料請求は欠かせません。

 

それに相手は業者。
その道のプロです。

 

結婚相談所が昔のように強引な勧誘ができなくなったとはいえ、少しでも会員数を増やしたいというのが本音。ビジネスだから当たり前ですよね。それなのに、あなたは他人の体験談やチラシなどの知識だけという情報不足の状態で説明会に行ってしまうのは、相手のアドバイザーに身を任せているのに等しく、冷静な判断ができなくなってしまいます。

 

 

そうなると、アドバイザーとの相性を見極める判断すら難しくなってしまいます。また状況によっては、アドバイザーのいいなりになってしまい、完全に納得していないのに流れのまま契約を結んでしまうことも考えられるんですよね。

 

だからこそ、冷静な判断をするためにも、あなたは「情報」を得ることが重要なんです。

 

2.押しが弱い人ほど注意が必要

結婚相談所の事前説明は【完全予約制】です。

 

 

事前の説明会に参加すると拍子抜けするくらい、アットホームな雰囲気で、アドバイザーが親切丁寧に教えてくれます。残念(?)ながら、あなたがイメージしているような強引な勧誘はありません。

 

 

ただ物事に絶対はない―ですよね。
とくに押しの弱い人ほど要注意。

 

 

フレンドリーなアドバイザーさんから、結婚相談所のメリットばかりを伝えられ、あなた自身も「これ以上の結婚相談所はない!」と舞い上がり、そのまま契約してしまう…というパターンも考えられます。

 

 

アドバイザーのペースに巻き込まれずに、冷静に判断ができるように「情報」を事前に少しでも多く手に入れておきたいのです。

 

3.なぜ資料請求なのか?

婚活している人から「なぜ資料請求が必要なの?」と聞かれることがあります。答えは簡単。それは、その結婚相談所の情報量が圧倒的に多いからに尽きる。これです。

 

 

ネットやチラシは限界があります。
ネットでは未体験なのに想像で書いていたり、極端な体験談の書き込みばかりです。

 

 

結婚相談所の資料にはたくさんの情報が満載のほか、資料請求でしか得られない情報や割引券がついている事実を知っているでしょうか?資料には、これからの婚活。そして結婚相談所選びにおいて強力な「材料」になることは間違いありません。

 

 

見学する(もしくは説明を事前に受けにいく)結婚相談所を数か所に絞ることは、仕事をしている人、とくに遠方や多忙な人にとっては重要です。なにしろ、結婚相談所に訪問するだけでも、時間・交通費・労力がかかりますから。

 

 

それで、すぐに満足いく結婚相談所が見つかれば問題ないけれど、なかなか見つけることができなかったとしたら、あなたのせっかくの休日もすべては無駄…とまでは言えませんが、ほとんどが水の泡となって消えてしまいます。そのようなことにならないためにも、複数の結婚相談所の資料請求をして、より具体的なイメージを描いてから、絞ったうえで訪問するようにしたほうが私の経験上、絶対にいいです。

 

4.資料請求の最大のメリット!

先ほどお話したように、時間、お金、労力などあらゆる面で効率性を求めた場合、資料請求には大きなメリットがあります。ですが、やはり、いちばん大きなメリットは「情報面」です。

 

 

ネットやチラシなどより詳細が記載されていることはもちろんのこと、写真もふんだんに使用されているため、他の結婚相談所との違いが明確でイメージしやすく、分かりやすいということはかなり大きいです。

 

 

…とはいえ、問題がひとつあるとすれば、「結婚相談所からの勧誘の電話がくるのでは?」と心配して、資料請求に踏み込めない人もいるのではないでしょうか?

 

5.信頼性の高い大手紹介サイト

確かに近くに結婚相談所があっても、個人で経営している怪しいトコロまで手を伸ばしていては不安は増大してしまうはず。だからこそ、安心できる結婚相談所から一括して請求できる総合サイトを利用すれば、労力もかからず、資料請求することが可能です。

 

 

電話番号は残念ながら入力しなければいけないので、結婚相談所から電話がくることはありますが、あくまでもその目的は、資料が手元に届いたかの確認。いまは「個人情報保護法」がうるさいので、仕方のない部分はあります。

 

 

いまやインターネットや口コミ、ツイッタ―、Youtubeなど音声付で簡単にアップできるほど情報が錯そうしている時代。

 

 

業者のほうが書き込みを恐れ、かなり警戒しているくらいです。

 

 

だから、いきなり「入会してください!」なんて露骨な勧誘は会社がさせないようにしているんですね。

 

6.資料請求で得られる貴重な情報

このように結婚相談所の事情を踏まえたうえで、それぞれの結婚相談所の貴重な情報が得られるのは、私たち消費者にとっても嬉しいところ。結婚相談所で婚活するしないにかかわらず、知っておきたいものです。

 

それでは、資料請求で得られる貴重な情報とはどのようなものか、一例をあげていきます。

 

1.割引情報が得られる

フリーメールでもOKなので、メール登録を求められることがあるのですが、その情報は、割引に関する特別価格でのご案内がほとんど。たとえば「サマーキャンペーン ○月○日~○月○日まで実施中」ということを教えてくれるんです。このような情報は資料請求した人などは見逃すことなく知ることができます。

 

2.資料請求の中にも割引券がある

資料請求した書類の中に、一緒に割引券が入っていることが多いです。

 

3.恋愛傾向診断をしているところもある

婚活にて有利になる恋愛傾向診断を実施しているところもあります。
恋愛のプロが提供するサービスだけあって、かなり的確で楽しいです。

 

今後の婚活のためにもぜひ受けておきたいですね。

 

4.多くの写真と情報が満載!イメージしやすい

多くの写真と情報が満載!どのような婚活になるかイメージしやすくかなり参考になる。モチベーションアップにも役立ちます。

 

5.担当者の名刺と手書きのメッセージがついているところもある

どのような人が対応するか不安だけど、名刺(顔写真付き)と手書きのメッセージがついていて安心して問い合わせできるスタイルになっているところが多い。※変な対応をしない意思表示のようなもの

 

以上を踏まえて結婚相談所の資料請求をすることをおすすめしたいです。将来のために安全・確実に…そして後悔しないために選択肢のひとつとしてみてはどうでしょうか?