phm23_0263-s

結婚相談所に登録して本気で結婚相手を探しているにもかかわらず、思ったとおりにいかないと感じている会員がいます。そのような悩みを持っている人に共通しているのは「コミュニケーションがうまくいかない」ということ。

 

会話は恋活においても婚活においても重要なポイントになる。これについては、さまざまな婚活サイトや婚活本を見て深く感じているかもしれませんね。

 

なんといっても婚活ではいままで一回も会ったことのない相手といきなりホテルのカフェでお話しなければいけいけません。だからこそ「初対面の相手と話すのが苦手」という意識を少しでも和らげることが必要なんですね。

1.お見合いからお付き合いまでにすべき2つの目標

結婚相談所でお見合いをするとき、目の前の異性に緊張してうまく話せない。挙動不審な言動をしてしまうパターンをよく見かけます。

 

初対面のときならまだ相手も理解をしてくれるかもしれないけれど、(お見合いの)お付き合いまで発展してからも緊張して挙動不審な言動をしていたら…ゴールにたどり着くなんてムリといっていいでしょう。

 

せっかくの良縁だったのに自分の言動でダメにしてしまうというのは、すっごくもったいないと思いませんか?

 

だからこそ、

ステップ1 初対面の異性での緊張を和らげていく

ステップ2 デートのときには、初対面のときよりも緊張感が和らいだ状態にする

この2つを目標にすることがポイントになります。

2.出会いの場で緊張を克服することの意味

結婚相談所のスタッフAさんから、とある会員さんのお見合いに立ち会ったときのお話をお伺いしたことがあります。

 

お似合いと思ってセッティングしたのはいいけれど…お互い異性に慣れていなかったのか会話をまったくすることなくコーヒーお冷をただ口にするだけの沈黙が続いていたみたいなんですね。そこでスタッフAさんが気を効かせて、お互いのプロフィールカードを机に置いてお話が弾むように手助けしたそうなんです。

 

その甲斐あって、お互いに会話が始まったそうなのですが…

男性(B)「・・・Cさんは医療事務をされているんですね。」

女性(C)「はい、資格を取って最近、いまの職場に勤めるようになりました。」

男性(B)「そうなんですか。」

女性(C)「Bさんはどのようなお仕事をされているんですか?」

男性(B)「システム関係の仕事をしています。」

女性(C)「そうなんですか?」

男性(B)「・・・。」

女性(C)「・・・。」

 

どうでしょうか?

このような雰囲気で会話もあまり進まないまま、お見合いが終了してしまったら、そのあとも、そのまま継続して会いたいと思えるでしょうか?きっとお断りになるのではないでしょうか?

 

緊張で言葉をほとんど交わさないまま、お見合いが成立するのは、よっぽど好条件の年収を持った男性か、容姿端麗な女性しか無理だと思います。そう考えると、やはり異性の前で緊張しすぎないようにはどうするか、真剣に向き合う必要があるのがわかります。

 

3.緊張することは誰にでもあること

ここで誤解を与えないように言っておくと、お見合いの席・・・しかも初対面の異性に緊張することは悪いことではありません。個人差はあるものの、人は誰しもそのような場面に遭遇すると緊張してしまうものです。

 

緊張というものは、

  • 「失敗して恥ずかしい思いをしたくない。」
  • 「嫌われたくない。」
  • 「苦手なタイプだったらどうしよう・・・」

 

というように不安や恥ずかしさ、初対面の人に対する恐怖心から出てくるものです。だから、いわば本能というものなので、自分自身を卑下することはないんです。緊張しない人のほうが相手の気持ちを汲み取れない無神経さが際立ってしまうので、そちらのほうが逆に問題になるパターンが多いです。

 

4.緊張をしすぎないためのポイント

お見合いだけでなく、人とうまく話せないというタイプは恋愛だけでなく会話でも「受身タイプ」の人が多いです。つまり、人から話かける人が苦手な人に多いです。

 

お見合いでしかも初対面の異性と話すとなれば、なおさらうまくいかないのは当然です。では、どのような方法で緊張を相手から不自然に思われないようにすればいいのでしょうか?

 

簡単にいえば、ポイントは3つ。

  • いまよりも緊張を改善するんだという強い気持ちをもつ
  • 自分から相手に話しかけてみる
  • 普段から何気ない会話をする練習を重ねる

 

強いマインドを持って自分から話しかけ、何気ない会話をするために、重要なのは【明るい声】【笑顔】を忘れないこと。私も練習しましたが、できない人はできません。まずは、会社や知り合い、家族などにあったときに笑顔をつくって声をかける、あいさつをする練習をしてみる。これだけでもすっごく変わります。

 

ココでいちど頭の中でイメージしてみましょう。

 

なにをイメージするかというと・・・「初対面の相手に会ったとき」のことです。そのとき、あなたがどのように感じるのか、落ち着いているいま考えて欲しいのです。

 

  • 「どのような人なのかな?」
  • 「自分と合う人かな?」
  • 「話してみて楽しいかな。」

 

異性と会って話す楽しみは誰しも持っているけれど、その一方で持っているものが不安恐怖心が出てくることもあるんじゃないかな。

 

そして、ホテルのロビーで初顔合わせ。相手の人はすでに椅子に掛けて待っている様子。お互いのアドバイザーさんがそれぞれ名前を紹介し、あいさつする流れに。

 

もし、あなたが男性だったら・・・「はじめまして。○○です。」と笑顔で話しかけてみましょう。相手も不安でいっぱいな気持ちだから、その笑顔をみて緊張が和らぎ、会話が弾むマインドを作り出すことができます。

 

まだまだ、それ以外にもおさえておきたいことはあるけれど、【明るい声】【笑顔】を忘れない。緊張しすぎる人は、まずはその2つができるようにすることが大事です。

 

まとめ

緊張はあなただけではありません。相手もまた緊張しているのです。だから、あなたが緊張することは恥ではありません。ただ、そのままずっと緊張感漂う雰囲気のままでは、ふたりの仲が進展することはまずありません。だからこそ、あなたが【明るい声】と【笑顔】をすることで、お互いの緊張感を和らげるように心がけていきましょう^^

 

自らの道は自らが作り出す。そのためには、事前の練習もとても大切になってきますので、日々、練習してくださいね。

管理人が婚活する前にしたことをまとめてみました。参考にしてくださいね。

婚活する前にしたことをまとめてみた!