a0001_008004

 

アラサー・アラフォーでの婚活は思った以上に根気がいるものです。ひょっとしたら、すでに少し精神的にマイってしまった人もいるかもしれませんね。

 

私が婚活したときは、結婚相談所や結婚情報サービスの選択肢は頭からありませんでした。

 

でも、月に数回、婚活パーティーに参加すると、月に1万円以上使っていたことを考えると、真剣に結婚を考えている結婚相談所などに登録したほうが安いということに後で気がついたんですよね笑

 

1回の参加費に3,000円とか4,000円とかの方が安いと思うかもしれないけれど、1人3分程度の会話で果たして、結婚に結びつく出会いがあるかどうか迷いがあった時期もあって、どのようなところか改めて、そのとき調べてみました。

 

かならず結果に結びつくわけではない

結婚相談所や結婚情報サービスについて調べてみると、結果を残せなかった人の口コミがあります。その人たちの言うことはけっして嘘というわけではないと私は思いますが、すべてを鵜呑みにしてしまうのも、また危険です。

 

これは、私がじっさいに登録したからこそ言える発言なのですが、基本的にスタッフさんはとても親身に相談に乗ってくれます。でも、相手は人間です。残念なケースもとうぜんあるわけです。

 

私は、自分の体験やスタッフさんの話、体験談ブログなど、総合して考えて、結婚相談所や結婚情報サービスに登録したのに、成果に結びつかなかったケースは大きくわけて3つあるのではないかと考えています。

 

その3つが…

・登録した結婚相談所や結婚情報サービスが自分とは合わなかった。

・婚活に必要な自分磨きを怠った。

・相手への理想が高すぎた!

(年収が800万円以上じゃないとダメとか。)

どうでしょうか。

 

私は、結婚相談所や結婚情報サービスを毛嫌いしていたのですが、追い込まれて、一気に資料請求やら無料相談やらイロイロ回りました。そのとき、思ったのです。

 

毛嫌いしていたタイプのほうがよく考えずに契約してしまうだろうなって。

 

私はとくにその典型的なタイプで、結婚相談所や結婚情報サービスに必要な書類を事前に大学や役所に郵送で取得しておいてから、説明を受けに行ってました。つまり、いますぐでも契約したいという気持ちがかなり全面に出てしまっていたのです。

 

最初が肝心!勢いだけではダメ!

a0001_012469

あとで後悔しないためには、やはり最初が肝心です。結婚相談所や結婚情報サービスなどは、スタッフさんやサービスなどが違うので「大手さんだから大丈夫。」「値段がリーズナブルだから…。」「会員が多いから出会いは間違いない。」といった理由で選んではダメ。

 

そこで、つまずいてしまう人がすっごく多いです。

 

結婚相談所とは何か…?結婚情報サービスとは何か…?

それをよく下調べもせずに、自分の感情が盛り上がったから・・・スタッフさんから言われるがまま・・・では、「こんなはずじゃなかった」「なんだか自分には活動しにくいなぁ・・・。」と感じてしまうのです。

 

ちなみに、結婚相談所は、全国で約7,000ちかく。大手結婚情報サービスは、私が知っているところでも6社ほどあります。その中から、自分にあったところはどこか選ばなくてはいけません。どのような点を見て選ばなければいけないのか?

 

それを今回、ご紹介していきます。

 

自分に合った結婚相談所や結婚情報サービスの選ぶポイント!

自分に合った結婚相談所や結婚情報サービスに登録して、素敵なパートナーを見つけることがあなたの目的なので、失敗しないようにしたいですよね。そのためのポイントは次の3つになります。

(1)複数の結婚相談所や結婚情報サービスをじっくり比較し、検討する

(2)そのなかから、ある程度、絞りこんで訪問する。

(3)アドバイザーと相性がいいか見極める

それでは、それぞれのポイントについて見てみましょう。

 

比較検討のために資料請求をする

027

まず、ひとつめは【じっくり比較し検討する】ことなのですが、自分のご近所や職場から近い相談所や結婚情報サービスがあるのであれば、できるだけ多くの資料を集めることが重要です。いまでは、インターネットから簡単にお願いすることができるので手間は必要ありません。

 

ちなみに、私の場合、会社の帰りがけでも訪問できる結婚情報サービスと結婚相談所をあえて選びました。

 

自宅の近くにあまりなかったという理由もありましたが、自宅にいちど帰ってしまうと腰が重くなるという自分の性格を知っていたからです。

 

数社に絞り込んだあと、じっさいに訪問する

資料を見ただけで、どこにするか決めるわけにはいきません。やはり、じっさいに自分に合っているかスタッフさんと話してみないとわからないことが多いです。

 

私は、資料請求した中から、

① いまの自分のライフスタイルに合っているか

② 紹介方法

③ 自分の性格に合っているか

を重視して絞りこみました。

 

さきほども紹介したように、【会社の帰りがけでも訪問できる】【アドバイザーのフォローがしっかりしている】【自宅にいちど帰ってしまうと腰が重くなる】の3つを条件にしたんですね。

 

そこで、4社ほど訪問しました。

私の場合は、オーネット、ツヴァイ、パートナーエージェント、とある結婚相談所。の4社です。本当はIBJも候補だったのですが、私の住んでいるところの近くにはなかったので、この4社が候補になったんです。

 

じっさいに電話、もしくはメールにて予約して詳しい説明を聞きにいきました。

 

どこも無理な勧誘はなかった!

じっさいに、訪問するとスタッフさんが机にあるパソコンをもとに詳しく詳細を説明してくれます。パートナーエージェントさんでいうと、↓のような感じです。

030

スタッフのお姉さんが資料とPCのパワーポイントを使って説明してくれます。

 

私が伺ったところが良かったのか、冒頭でかならず「ウチは勧誘等を一切しません。安心してくださいね。」から始まり終わりは「また何かありましたら、ご相談ください。」で終わりました。(結婚相談所も同じでした。相手はお兄さんでビックリしたけどねw)

 

店内やスタッフさんの雰囲気をイメージしやすいように言葉にするなら、なんとなく車を購入しようか検討しているときに、スタッフさんと話をしている感じによく似ていたかな。コーヒー・ジュースも用意してくれるし。(私はコーヒーではなく、オレンジジュースを3杯飲みました^^)

 

スタッフさんの説明はすごくわかりやすいのですが、やはり限られた時間での説明なので、細かい点をすべて説明してくれるわけではありません。自分が気になったことや疑問に思ったことは質問したほうがいいです。

 

とくに私は地方に住んでいたので、地方だとどの程度のサービスが受けられるかすっごく心配でした。だから、サービス面について、かなり質問しましたね。とくに「月に何名紹介を受けられるのか?」「アドバイスを受けたい場合は?」などはしっかり抑えておいたほうがいいですね。

 

私は4社訪問でしたが婚活相談をしてきた方の中には、7社訪問していた人もいました。数が多ければいいというわけではありませんが、最低でも3社は訪問するようにしてくださいね^^

 

訪問するときに気をつけておきたいこと!

a0027_001631

結婚相談所や結婚情報サービスに訪問すると、いいところしか見えなくなって、ついその場で契約してしまいそうになってしまいます。さきほど、雰囲気が車を購入するお店と似ていると紹介しましたが、車を衝動買いしてしまったことのある人はとくに注意ですね^^

 

今回、結婚相談所や結婚情報サービスに訪問した目的は何か-?

そう、あくまでも、それぞれの特徴を知るためですよね。

 

結婚情報サービスは大手企業が運営しているので、まずないのですが、結婚相談所は個人経営でされているところが多いので、ひょっとしたら、強引に契約を迫るケースがあるかもしれません。そのようなときは、断るための決まり文句を事前に準備しておけば怖くはありません。

 

「申し訳ないけど、打ち合わせが○時なので…」

「家族(もしくは友人)と待ち合わせしている」

「だから、後日、こちらから連絡する。」

と言ってその場を立ち去りましょう。

 

ちなみに、強引に契約してこようとしてくる結婚相談所にロクなところはありません。その場で候補から外すようにしてくださいね。

 

一番大事なのはアドバイザーとの相性!

訪問していちばん見極めて欲しいのが「アドバイザーさんとの相性」です。

 

システムがどんなにしっかりしていても、アドバイザーさんとの相性が悪ければ活動もうまくいきません。そもそも結婚相談所や結婚情報サービスは、相手さえ紹介すればいいというサービスではなく、アドバイザーさんからの的確なアドバイスもまた、私たちが婚活するうえで欠かせないもの。

 

仲良くなれれば、いい人を紹介してもらいやすくなるというメリットもあるしね。

 

だからこそ、じっさいにアドバイザーさんと会話してみて、相性がいいか話しやすいか見極めることがすっごく大事になります。私の知り合いも結婚相談所に登録したのですが、アドバイザーさんをうまく活用して、結婚に結びつけることができました。

 

まとめ!

今回は少し長くなりましたので、もういちど最後におさらいをしておきますね。

① 複数の結婚相談所や結婚情報サービスから資料請求して徹底リサーチする。
その中から、自分に合ったところをチョイス。
② 絞った中からじっさいに訪問して話をする。
契約が目的ではなく、特徴を聞くことが目的
③ アドバイザーさんとの相性を見極める。

いかがだったでしょうか?

結婚相談所や結婚情報サービスを選ぶ参考になれば嬉しいです^^

 

1