エイジくんエイジくん

結婚・・・ですか?俺には関係ない話ですよ。そもそも、人とコミュニケーションを取ることが苦手だから、赤の他人と共同生活を送ることも想像できないです。俺には、友人すらいませんから。

ナミ先生ナミ先生

最近、アラサ―・アラフォーの人に結婚のことを聞いてみると、このように、コミュニケーションをすることが苦手だから、自分が結婚するなんてありえないといった意見が出てくることが多いの。

エイジくんエイジくん

ナミ先生、もちろん、理由はそれだけではないですよ。俺、非正規雇用だから、平均年収すらもらってないから、女性から避けられるんですよ。やっぱり、現実は甘くないって感じかな。俺、ひとりが食っていくだけでも、すごく大変なんです。

本当に結婚できないの?

ナミ先生ナミ先生

オタクだし、コミュニケーションも難しいし…年収もない。厳しい現実に、結婚というものは、自分には関係ないと思っているようですが本当にそうでしょうか?

そこで、ナミ先生に結婚相談所で考える
年収面の最低ラインについて聞いてみました。

ナミ先生ナミ先生

一般的にね、やはり結婚相談所には、結婚できる最低の年収ラインというものがあるの。目安としては、首都圏や関西方面では、年収400万円、それ以外の地方などでは、300万円くらいじゃないかな。ただ、これもあくまでも目安なの。
正規職員であれば…年収350万円あれば、なんとか結婚までの道筋を立てることができるけれど…非正規では難しいわね。

エイジくんエイジくん

やっぱり…そうですよね。ただ、思ったよりも低収入でも、活動できることに驚きました。

ナミ先生ナミ先生

そう、正規職員でも、年収が300万円ちょっとでは、異性が見向きもしないと思いこんでいる人がかなり多いのです。でも、結婚相談所では、なんとかできる。そのように考えているようです。

あと、オタクでも、コミュニケーションが苦手でも関係ないわ。ビジュアル面でいえば、いくらでも磨く方法があるし、コミュニケーションも慣れだから。

条件面よりも怖いもの…それはネガティブな心!

ナミ先生ナミ先生

やっぱりね、婚活って本人がやる気を起こさないと何も生まれないの。だから、アドバイザー任せ、親任せでは上手くいかないことがほとんど。本人がやる気を見せなければ、せっかくの縁談もダメになることが多いわ。

エイジくんエイジくん

でも、オタクだし…人と接することが苦手ですし…年収もないから…俺には結婚は無理だよ。

ナミ先生ナミ先生

それそれ!その気持ちがダメなの。でもね、やはり結婚相談所に来る人の中には、ネガティブな状態で来る人が多いの。だから、そのようなとき、私は、運動して汗をかいて、嫌なことを忘れるよう、アドバイスしているわ。

まとめ!

じっさいに、オタクでコミュニケーション不足の男性と趣味が合う女性が結婚相談所にいることも事実です。趣味が合うと楽だし、生活面は、共働きがふつうになっているので、気にしないという人もいる。変に気を使うよりも「楽」を選択する人はけっこう多いんです。

 

よく考えてみて下さい。
これから、20年、30年も一緒にいるわけです。

 

す べて年収だけで判断する人なんていません。私も年収300万円台でしたが、15人の美人に申し込んで1人の美人さんがOKしてお見合いに至る(高年収の方 よりも確率は低いですが…)できる確率でした。うまく、いまの奥さんとお付き合いすることになったのは、「運」だけとは思っていません。

 

低収入で金なし、伴侶なしで不平不満を言いながら、嘆き暮らすのもいいけれど、ちょっとした勇気を持つことで、違った人生が待っている。それってすっごく面白いと思いませんか?

管理人が婚活する前にしたことをまとめてみました。参考にしてくださいね。

婚活する前にしたことをまとめてみた!