婚活を頑張っているうちに、30代・40代の方々とのネットワークが、ずいぶんできてしまいました。

 

ときには、友人主催の100人規模のパーティーも参加したりすることもありました。そのようなネットワークを駆使して、ときに婚活よりも情報交換を優先してしまったこともあります。

 

あるとき、アラサー・アラフォー女子とお話する機会がありました。彼女たちは結婚相手を見つけるために、年間かなりの合コンに参加したみたい。話を詳しく聞いてみると、

 

その数、な、なんと100回以上!

いや、この数字を耳にしたとき、思わず悲鳴にも似た声を張り上げてしまいそうだったです。だって100回以上ということは、休みの日は、ほぼ合コンという計算になっちゃいます。

それくらい将来のためにガンガン頑張っていたんですね。

 

さて、これだけ合コンに参加していれば、さぞや素晴らしい人と結婚できると思うでしょ?でもね、アラサー・アラフォーの婚活はそんなに簡単じゃないんです。

 

もちろん、彼女たちの出会いの場は合コンだけではないです。婚活パーティーに参加してもダメだった…と言う話でした。しかも、その女性だけが特殊かというと、そうでもなくて、まわりの友人も同じ結果らしい。

 

ルックスだけみれば、モデルさんや女優さんのような女性たちなのに結婚できない。まだまだ、アラサー・アラフォーの婚活に対して、大変という認識がなかったころなので、かなり衝撃を受けたのをいまでも覚えてます^^;

 

なぜ合コンやパーティーでは失敗に終わったのか?

彼女たちの失敗の原因…それは、わかりますよね?そう「高望み」です。

  • 若いころのモテ期が捨てきれない
  • 年収がかなり高望み
  • 20代できれいな女性を望む

etc…

話していても一切の妥協をしたくないという気持ちというか決意が伝わってくる。

 

正直いって、

年収1000万円以上の男性なんていないぞ!

といってやりたかった。

 

それにね、そのような好条件の異性は、もっと相手にも好条件を望むのは当然のこと。…なのに、自分視点しか見えていないことが婚期を遅らせているんですよね。

 

相手も自分に合った異性を探しているということをすっかり忘れてしまっている。たぶん、彼女たちは、いまでも結婚相手が見つかってないんじゃないかな?

 

意識の差が温度差となって現れやすい

合コンや婚活パーティーには、本当に様々な人が参加します。もちろん、年齢制限や年収制限があったりするものもあるけれど、結婚までの考え方に差がある場合があるんです。

 

たとえば、相手の女性(20代)は結婚について、

サキさんサキさん

いい人が見つかれば、しばらく付き合って…もし、結婚したいと思ったら、そのとき結婚を考えたいかな?

でも、男性(30代)の方はというと…

エイジくんエイジくん

あの子、いい!何度かデートして「この子だ!」と思ったら、すぐに結婚を考えたい。

どうでしょうか?
すごく温度差があると思いませんか?

 

「たったこれだけのこと?」…と思うかもしれませんが、小さなズレで合う・合わないまで発展してくるんです。アラサー・アラフォーの婚活は、合コンや婚活パーティーでは、結婚につながる出会いになりにくいのが現実です。

 

意識の違いなどがその原因なんです。

 

もちろん、大きな理想をもっていることも原因のひとつだけど、結婚までの考え方の違いもあって、なかなかお付き合いまで発展しないようです。やはり、結婚への目標を持った環境に参加することが大事なのではないでしょうか?

管理人が婚活する前にしたことをまとめてみました。参考にしてくださいね。

婚活する前にしたことをまとめてみた!