エイジくんエイジくん

当時、いま一歩、本気で婚活できなかったのは・・・
「結婚して子供に恵まれて、幸せな家庭を築きたい。」という思いがある一方、「結婚をしても、デメリットがあるんじゃないの?」という思いが交錯してしまっていたからだと思います。あなたにはそのようなことないですか?

エイジくんは、だいぶ前から婚活していたけれど、本気で婚活をしていたかと問われたら、「うーん…。」といった感じで返答に困ってしまうような状態でした。

 

でも、本気で婚活しようと決意して結婚情報サービスに登録していたときは、迷いは消えていたし、いまでも結婚は素晴らしいと思っているようです。そんなエイジくんの当時の婚活を振り返りながら、紹介していきたいと思います。

 

自由な時間とお金が減るんじゃないの?

a0002_006861

エイジくんエイジくん

う~ん…。結婚かぁ…。自分の時間やお金がなくなれば、趣味も楽しめないし…それに行動もしばられてしまうよね。

当時、エイジくんが婚活をしながら感じていた【結婚することへの抵抗】がまさにこれでした。

 

確かに、趣味の時間やお金はまったくなくなる…というわけではありませんが制限はされます。ひとりではありませんから…。時間やお金のすべてを自分のために投資できるのは、確かに独身だけの特権かもしれません。

 

でも、制限されても失われることはないんです。

そのことを忘れてはいけません。

 

家に帰りたくないような冷え切った家庭になるのでは?

phm23_0706-s

結婚してしばらくは、お互いラブラブモード。
いってらっしゃいのキスもあって楽しい夫婦生活。

エイジくんエイジくん

でも…結局は、ドラマで見るように夫婦の会話もないような冷え切った家庭になるのんじゃないかな?…後々面倒になるから、結婚はちょっと…

 

と思っているかもしれませんね。

 

たしかにイチャイチャモードは長続きしません。
だからといって冷え切った関係になるというのも間違い。

 

恋愛ではなく、もっと大切な存在としてのパートナーを得たという状態だとイメージすれば、わかりやすいんじゃないかな。

 

それにね、20代のころなら、「まだ、しばらくはひとりでもいいかな?」という考えかたでもいいけれど、アラサー・アラフォーとなってくると、まわりの友達も結婚していき、友人と過ごす方が楽しいという時間も限られてしまいます。

 

ちなみに、私の場合は…

「焦り」と「寂しさ」に襲われ、そして、何度も「後悔」という言葉が脳裏に浮かびました。独り身の寂しさは、ホント、かなりこたえますし、家庭を築きたくて仕方なくなります。たぶん、本能からくる衝動なんでしょうね。いずれ、あなたにも襲ってくることは、はっきり断言できます。

 

結婚は素晴らしいです。安らぎをくれます!

趣味や時間が減るのは間違いありません。多少、独身時代に比べ、失うものもあるのは間違いないです。でも、それ以上に得るものが大きいです。

 

いまの「独身」という環境から見た「結婚のマイナス面」ばかり見るのではなく、結婚することで得られるプラス面に注目してみてください。

  • 「家族と一緒にいる幸せ」
  • 「家族といる安らぎ」

 

この幸せを得られるチャンスは残りあとわずか。まだチャンスがあるなら…後悔しないためにも、勝負に出るしかないのではないでしょうか?

 

管理人が婚活する前にしたことをまとめてみました。参考にしてくださいね。

婚活する前にしたことをまとめてみた!