a0003_000407

婚活をはじめたシンイチくん。

なんだか浮かない顔をしているようです。

 

シンイチくんシンイチくん

聞き上手になるのもいいけれど…相手には、もっと自分のことを知ってもらいたいし、話がしたいなぁ…。
それに、もっと俺のことを知って欲しい。

ナミ先生ナミ先生

それは、私も同じだわ。
きっと、誰もが「私の話を聞いて欲しい。」「私をわかって欲しい。」と感じているんじゃないかしら。

誰もが自分の話を聞いて欲しい願望をもっている!

誰しも私の話を聞いて欲しいと言う気持ちを持っています。

 

じっさいに、あなたも悩み事を誰かに話したとき、特別なアドバイスを受けてないにもかかわらず、ただ悩み事や不平や不満を知り合いにお話しただけで、

 

シンイチくんシンイチくん

あれ?悩み事をAさんに聞いてもらっていたら…なんだかスッキリしたぞ^^

 

このように、悩みごとを口に出して話すことによって、すっきりしたということ…ありませんか?

 

あれって不思議ですよね。

 

何も解決していないのに、つらい気持ちもどこかにいってしまいます。それほど、言葉を口に出すというのは、すごいパワーをもっているんですね。ちなみに、誰かに不平不満を聞いてもらうだけでスッキリ感を得ることができることは、心理学でも「カタルシス効果」(心の浄化作用)として紹介されてます。

 

カウンセラーの基本がまさにこれなんです。

 

話しやすい人と話しにくい人の差が出るのはココ!

a0777_000010

あなたも人によって「あの人とはなんとなく話やすい。」「ちょっと、あの人は話にくいなぁ…。」このように感じることはありませんか?

 

ただのフィーリングの違いと思ってしまうかもしれませんけど、よく観察してみるとじつは明確な「違い」があったりするんですよね。

 

その違いとは何かというと…

 

じつは、話しにくい人は、
相槌が少なかったり、無表情であったりするんですよね。

 

あなたが話しにくいと思う人をイメージしてください。
あなたが話しかけても無表情で反応がよくわからないということありませんか?

 

あなたが話やすい人をイメージしてください。
あなたが話しかけるとなんでも笑顔で応じてくれませんか?

 

他人は見ればわかるけれど…あなた自身はどうでしょうか?
異性の前で無表情になってませんか?
相槌が少なかったりしていませんか?

 

婚活でうまくいかない人は、この基本ができていないことがすっごく多いです。

 

改めて自分を振り返ってみて!

この話を聞いたシンイチくんは、改めて婚活での自分を振り返ってみました。

 

シンイチくんシンイチくん

思い出せば、女性に慣れていなかったころ、緊張のあまり無表情になってしまい、逆に怖がられていたんだよね^^;
その影響から、合コンをしても会話は盛り上がらずに終わってしまうことばかり。悲しい記憶ですね笑

 

だからこそ、相手が話しているときは「私は話を聞いてますよー。」というサインを出すことが大事になってくるんです。

ちなみに・・・

ナミ先生ナミ先生

私がカウンセラーの資格を取得する際、講師の方が受講者との違いのひとつが、「うなずきの大きさ」と言っていたのを思い出すわね。

傾聴のプロが言っているので、「うなずきパワー」のすごさは本物だと思うわ。

「聞く」というのは、決して耳だけで行うものではなく、からだ全体でするものなんですね。

 

誰かに自分の話を聞いて欲しい気持ちはわかるけれど、その気持ちは誰しも持っていることです。だからこそ、あなたが一歩引いて、相手の話を聞いていくとそこから信頼関係(心理学用語で「ラポール」)が形成してくださいね。

 

ラポールが形成されれば、自然に会話することができ、居心地のいい空間をつくることができます。そうすると、相手はだんだんあなたが特別な存在となっていくはずですよ。

 

管理人が婚活する前にしたことをまとめてみました。参考にしてくださいね。

婚活する前にしたことをまとめてみた!