エリカさんエリカさん

ニュースで婚活している人の特集をしていたのを目にしました。私ももうすぐ26歳(女性)になるので、興味を持って見ていたけれど、その一方で、「結婚って、ご縁のあるものだし自然に任せるのがいいのかな?」と活動するかどうか迷っています。婚活するメリットもいまいちわかりません。

ナミ先生ナミ先生

婚活している人は、もちろん、「パートナー探しのため」ですよね。でも、なかには、「自分の理想の結婚相手に出会える可能性がある」から、信頼できる結婚情報サービスに登録して、婚活している人もいるくらいなの。

エリカさんエリカさん

将来のパートナーを決めるなら、慎重に相手を選びたい…。だから、年収・身長・ルックス・趣味などプロフィールを見ながら、総合的に納得いく異性と出会いをするために結婚情報サービスに登録する。…そんな発想は、いままでなかったです。

婚活で理想の相手探し

・職場などで出会いのない人でしたら、異性と出会うチャンスが増える。
・結婚願望の強い人からしたら、早い結婚に結び付けられるかもしれない。
ナミ先生ナミ先生

いままでは、この2つの理由で婚活している人が多かったけれど、近頃では自然に身を任すのではなく、あえて自ら婚活をする人々が増えてきています。その理由は、「自分の理想の結婚相手に出会える可能性がある。」…からのようです。

サキさんサキさん

まるで、資格や保険のように【将来の自分のために自己投資する考え方】ですね。でも、「結婚」って、資格や保険よりも将来を左右することだから、そのような考え方をする人が増えているのも納得です。

普通、恋愛結婚などの場合は、きっかけは職場や学校などが多いけれど、初めから結婚を考えて出会ったわけではありませんよね。

 

…となると、結果的に

・相手が思ったような年収に届かなかった。
・趣味が合わなかった。
・ルックスだけで選んでしまった。

ということが起きてしまい、「理想と現実」とのずれが生じてくることもあると思います。

 

その点、婚活は、もともと結婚をコンセプトに行動することを指しますので、相手の条件や理想を絞っていくことが可能というわけなんですね。

 

思い描いた結婚をするために婚活するのもひとつの方法

phm23_0327-s

理想が高すぎるのも問題ですが、「結婚」というのは、この先何十年も一緒に過ごし、極端な話では、お墓にだって一緒に入るわけです。

 

けんかする事もあれば、一緒に手を携えて乗り切っていく出来事だってたくさんあります。

 

「そんなにタイプじゃないけど、今後いい人が見つかるか分からないし・・・。」といった気持ちで結婚を考えると、どうしても失敗するリスクが高まります。

 

自分も、そして相手の人生も左右させることですので、できることなら、妥協はそこそこに抑えて、不満を取り除きたいものです。

まとめ!

婚活は、自ら積極的に行動すれば、それだけ異性と出会う機会が増えるということも、本当に大きなメリットだと思います。なんとなく毎日を過ごしていては出会えなかったような相手とも、出会うこともできるかもしれません。

たくさんの出会いが待っている婚活ですから、相手が好むタイプも千差万別、もしかしたら日頃自分がコンプレックスだと感じていることを、「好き」といってくれる人だっているかもしれませんよ。

管理人が婚活する前にしたことをまとめてみました。参考にしてくださいね。

婚活する前にしたことをまとめてみた!